スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

CM: --
TB: --

top △

だいすきなくぅちゃん 一周忌 

あの悪夢のような日から

もう1年が経ったなんて・・・


DSCF1475.jpg







今日はくぅちゃんの1周忌

IMG_5401.jpg



わたしはくぅちゃんが


やっぱり



だいすき

だいすき

だいすき



あなたのぬくもりに
ただ
ふれていられるなら

それ以上何も
望まなかったのに




でも

あの日

私がもっと落ち着いて対処していたなら

クリスをひとりぼっちで病院に置いてこなかったなら




あんなにあんなに

私のそばにいることが好きな子だったのに・・・




別れを早めてしまったのは

誰でもないわたしだから




後悔するなとか
自分を責めるなとか
これは運命だったとか

いただいたそういう言葉を
全部ありがたく受け止めても



ただ

この思いはやっぱり

一生変わらないと思う





それでも

ちゃんと前を向いてる私もいるから



くぅちゃん

心配しないでね


IMG_5404.jpg


ミントやチップと

楽しく過ごしているといいなぁ!


IMG_2327.jpg


たまには

みんなで会いに来てよね



待ってるよ





くぅちゃんが

一生懸命面倒見てくれた蓮だけど

この頃

ブランのいいところじゃなくて

悪いところばっかりマネしちゃってさ


DSCF1638.jpg




あ、

空の上から見てるかな?



たまには

フタリに

教育的指導お願いしますよー



IMG_4310 - コピー


フタリのこと

ずっと見守っててあげてね





もう一度

抱っこしたいなぁ

一緒に寝たいなぁ



IMG_4272_20160825180541125.jpg


くぅちゃん

会いたいよ


スポンサーサイト

Posted on 2016/08/25 Thu. 18:07 [edit]

CM: 2
TB: 0

top △

主役のいない誕生日 

6月11日は
最愛のクリスの13歳の誕生日でした

13歳なんて楽勝で
15歳でご長寿犬の表彰してもらって
まだまだ元気なおばあちゃんでいてくれると思っていたのに。。。



元気に12歳を迎えたと思ったら
まさかの駆け足で虹の橋を渡ってしまいました


IMG_0198_20160627103559b53.jpg
(11歳10か月のクリス)



そばにいてくれた時から特別な存在だったけど
いなくなって
その存在の大きさを
改めて日々感じています

あれほど心が通い合うって
どんなに素晴らしいパートナーだったか
人生で一番いろんなことがあった12年間
どんなに彼女に助けられていたか

くぅちゃん
ほんとうにほんとうに
大好きだったよ



ミントやチップと一緒に天国のお花畑を
ニコニコ笑いながら走り回って
あっちの世界だったら誕生日だったなぁって
思い出してくれたかな

お供えのくぅちゃんの大好きなミートボールごはん
食べに来てくれたかな






6月に入ると
以前いったことのあるトリミングショップやら
ドッグカフェやらショップやら
お誕生日おめでとうのカードが届き

そのたびに

あんなに元気だったのに
あんなに大切だったのに
13歳を迎えさせてやれなかった無念さに
自分自身のふがいなさに心か折れました

ベッドに入っても眠れなくて
涙があふれることがありました


そんなある日
まどろみのなかで初めて
向こうに逝ってしまったクリスの夢を見ました


目の前でガクッと動かなくなってしまうクリスに
え?
なんで?
くぅちゃん死んじゃったの?
いやー!と叫んでいると

あら
バッグの中に入っていたんだね
なーんだ
部屋にいたのか
あっちにも
こっちにもクリスがいて

あー良かった
やっぱり死んでなんていないんだ

そう思ったところで目が覚めました




くぅちゃんは本当にやさしいから
またまた私のことを心配して

ちゃんとママのそばにいるんだよ!

って伝えに来てくれたのかなと思ったら
また泣けました






懐かしいくぅちゃんを・・・

飛行機で九州からやってきました

ミントと初対面

christy BABY2



羽田に迎えに行ってこの黄色い籠を開けた瞬間の感動
今も覚えてます

christyBABY1.jpg

美人じゃないけどこれ以上いないってくらい
私にとってはキュートな子




歯が生えてきて痛いだろうなって時も
初産の5パピ育て一生懸命だったくぅちゃん

babys7_20160627103409d11.jpg

100点満点のママだったな



それ以前はクレートで寝てたけど
出産後(2歳3か月)から虹の橋を渡るまでずっと一緒に寝ていたくぅちゃん

ママと寝るならちゃんとトイレしてからだよっていうと
すぐにトイレに飛んでって
どんなに少しでも絞り出してたっけなー

IMG_1726.jpg

ほわほわあったかなぬくもり・・・





いつもいつも
私に寄り添って
私だけを見つめていたクリス


kurisu_201606271104104a3.jpg




あなたはきっと
私のソウルメイトだったのかもしれない
って
本気で思ったりしています



IMG_2143.jpg



なんかさ
もう 年齢なんてどうでもいいっていう気もするんだけど
こっちの世界じゃまぁお誕生日だったからさ
も一度言わせてね

13歳のお誕生日おめでとう!


だいすきなくぅちゃん
これからも
そらからずっと
私を見ててね



また
夢にも出てきてね



***


強制アップグレード以来パッタリパソコンから遠ざかっております
徘徊もままならずご無沙汰失礼しております

うーん、今後どうしよ。。。

Posted on 2016/06/27 Mon. 11:21 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

百箇日 

昨日5日は
クリスの百箇日でした

もう100日
まだ100日

くぅちゃんが
いつもにこにこ笑顔で私を見つめてくれていたように

今もどこかで私を見てくれているのかな

そしたらきっと
私も笑顔で見つめかえすことを願っていると思うから

ちゃんと
笑顔でいるからね



時々
すっごく会いたくて
哀しくて
切なくて
どうしようもなくなるけれど

ちゃんと前向いているからね




まだ
闘病のようすも
最期のようすも
クリスへの想いも
とても文章には出来ないけれど。。。



3月から6月までの
短い間だったけど
月に一回のインターメディエイトのわんこの写真教室
参加して本当に良かったな


レッスンではおんなじような写真ばかり毎回200枚近く撮ったけど
1枚たりとも捨てられない
クリスの笑顔の写真がいっぱい


百箇日には
くぅちゃんみたいな可愛いバラを供えて
美味しいごはんも山盛りサービスして
くぅちゃんの笑顔を思い出していたよ



にこにこくぅちゃん
もっともっと
撮りたかったな


くぅちゃんがもっとおばあちゃんになっても
撮りたかったな



IMG_1133 - コピー (2)





IMG_1238 - コピー





IMG_0229 - コピー





IMG_0341 - コピー





IMG_0259 - コピー - コピー






IMG_4272_20151206204656bc4.jpg


歳を重ねるごとに
タレ目度は増してきたけど
私には
何より最高の笑顔でした


くぅちゃん

ずーっとずっと
だいすきだよ

ほんとうにほんとうに
ありがとう


Posted on 2015/12/06 Sun. 23:54 [edit]

CM: 0
TB: 0

top △

頑張った証(あかし) 

本日届いたJKCの冊子Gazettoに

トレーニングチャンピオン

として、クリスの名前が掲載されています


IMG_5308.jpg



3月の大会でポイント達成し
5月には申請していましたが
所属クラブの手違いで大幅に遅れました



もうすぐ百箇日になる
今頃届くなんて
まるで
クリスからのプレゼントのようです






思えば

犬を飼ったらやってみたい!

と思っていた夢を
すべて叶えてくれたクリスでした





いっぱいお散歩行って

ボール遊びがだいすきで

毎晩一緒に寝て


あちこちのカフェを巡って

軽井沢・伊豆方面・那須など
旅行にも行って

出産し、この手に新しい命の重みを感じさせてくれて

そのおかげで素敵な縁も生まれ


愛犬雑誌のモデルもして

今日のわんこのテレビにも出て

アニマルセラピーにも参加して
たくさんの方に喜んでいただいて

シニアになってから競技会に出て
表彰台にも一緒に登らせてくれて

トレーニングチャンピオンも完成して


そして

クリスの思いをつなぐ蓮を
きちんと育ててくれて・・・




くぅちゃん、すごいよ

すごい!





いろんな思い出がいっぱい

いつも私のとなりで

にこにこ笑いながら

私の夢をみーんなかなえてくれた

だいすきなだいすきなくぅちゃん




いつも私を守って助けてくれたのに

それなのに
最後に何にもしてあげられなくてごめんね

もっともっと救う道があったと思うのに。。。







もう一度抱きしめたいな

一緒にくっついて寝たいな



にこにこの笑顔で

私めがけて駆け寄って来て欲しいな

まっすぐな瞳で

私を見つめて欲しいな





こんなに愛せるあなたに出会えたこと

あなたと過ごした日々

私の最高の宝物です




IMG_5307.jpg



ありがとう

ありがとう

ありがとう・・・




***

もしもお手元にJKCの冊子があったなら

見てみてくださいね




9歳からのスタート

若い子に混じって

11歳でトレーニングチャンピオンになった

くぅちゃんを

頑張ったんだな あの子

って少しでも思い出していただけたなら

嬉しいです


IMG_0973 - コピー

Posted on 2015/11/25 Wed. 18:56 [edit]

CM: 2
TB: 0

top △

ありがとう 

<あなたと一緒に、自分の中の一部が欠け落ちてしまったような淋しさの中にいます>

脚本家の山田太一さんが読んだ病死した親友への弔辞の一節だという
8月26日の読売新聞朝刊の編集手帳の冒頭が胸に突き刺さりました

それはまさにその時の私だったから・・・


8月25日、午前3時頃
愛しい愛しいクリスが虹の橋に旅立ってしまいました


IMG_0198_201509141147301ce.jpg







6月11日に元気に12歳の誕生日を迎えてもうすぐ1か月という頃
笑顔の写真をこちらにUPしてほんの数日後
体調が悪くなり
それから1か月半
頑張って小康状態になっていましたが
まさかの急変でした

次にブログを書くのは
元気になったよ
の報告にしよう と信じていたので
こんな哀しいお知らせをしなければならないなんて
思ってもいませんでした

仔犬の時からと変わらず
いつも元気いっぱい
誰からも12歳には見えないと言われて
私は過信していたのかもしれません
12歳はれっきとしたシニア
もっともっと健康に気を配らなくてはならなかった




MyPhoto201306241100_0026.jpg





くぅちゃん

くぅちゃん

くぅちゃん

いっつもキラキラの眼で私を見上げ
にこにこ笑顔で私の胸に飛び込んでくる愛しい子

優しくって明るくってお茶目

人もワンコもだいすきで

ボール命
オヤツ命

そしてママ命って

いつも一生懸命で
無防備にありったけの思いを私にぶつけてくる子


でもね

本当に助けられていたのは
私のほう

私の方がずっとずっとクリスを頼りにしてた

12年間、いつも隣にあったまなざし
手を伸ばせば必ずあったぬくもり

クリスの出産後は
いつも一緒に寝てたから
クリスの寝息
人間みたいないびき
あの重み・・・

クリスを感じられない真っ暗な闇は

淋しくて淋しくて
たまらなくなります

辛い時哀しい時
ミントやチップとの別れの時
心の隙間を埋めてくれたのはクリスだったけど
ブランや蓮では
まだしっかりと隙間が埋まらなくて風が流れ込んできます

クリスは
私にとって
特別な子でした

本当はイヌとの付き合いは
もっとクールに距離を置くべきなのでしょう

でも、こんなにお互い気が合って
これほどお互いを必要として
何もかも分かり合えた自分の分身のような子に巡り合えるなんて
私にとってはとてもしあわせなことでした

そんなクリスとの
思いがけないほど急で
あまりに哀しい別離を思い返すと
今も胸が苦しくなる。。。




ミントの闘病記録をたどって
今もまだもう一つの古いブログに訪れてくださった方からメールを頂くことがあり
まさに格闘している方に励まし合ったり
苦しかった思い出を語り合ったりということが何度もあり、
クリスの病気についても、誰かの何かのためになればと思いますが
具合が悪くなってからのことを
まだ記す勇気がありません
亡くなった時の写真も
どうしても撮ることは出来ませんでした


亡くなる直前の血液検査も
1か月以上も利尿剤を飲んでいたのに、すべて基準値
これまで本当に健康な子でした
急な心臓の変化をのぞけば。。。

IMG_3317平塚 トレーナーズクラブ





悔やんでも悔やみきれない山ほどの後悔
辛すぎる最期の別れ・・・

あまり哀しんでいては、
クリスが困ってクリスの足を引っ張っちゃうってわかっても
だってしょうがないよ
哀しくて辛くて、後悔がいっぱいだもん
あの時の判断
あの場面の判断
決断したのはみんな私だから
今は自分自身が許せなくても仕方がないと思ってる
中途半端に、自分を励ますより
深い海の底まで行ってしまいたいと思ってる

でもどんなに哀しみの底に沈んでも
いつか少しづつ這い上がることが出来ることは
先に虹の橋を渡ったフタリに教えてもらったから

だから
心配しないでね

立ち止まっていてはいけないことも学習したつもり
イヌの月日は4倍の速さで過ぎて行くのだから
もし6か月私が立ち止まったら、
ブランと蓮の2年間が無駄になってしまうものね

日々成長している蓮と
10歳という二ケタのシニアになったブランのわんこ時間を
無駄にしたくないから
立ち止まって引き籠ることなく
あたりまえの毎日を普通に過ごし
いろんなこともそれまでと変わらず
前向きに取り組むようにしています


なので
あまりにクリスに依存していた私のことを
いろいろと心配してくださっているみなさん
本当にありがとうございます
ちゃんと食べて普通に過ごしています

クリスを想うと涙が溢れることも
眠れない夜も
今はまだ仕方ないねと笑ってやってください

クリスも
ほーんっとママってアタシがいないとダメなんだからぁ
って、あのにこにこ顔で笑い飛ばしてくれているといいな


IMG_0454.jpg







FBでは報告したものの
こちらでは遅くなってしまい
今、初めて知ったという方もいらっしゃる方も知れませんが
お許しくださいませ

ここを開くと
1つ前のクリスとブランの笑顔の写真が辛すぎて

病気のことも
亡くなったことも

どう書いていいかわからなくて

だらだらと長い文章となってしまいました
お付き合いくださいまして申し訳ないです





くぅちゃん

あなたのことが

だいすきだよ


いままでも

これからもずーっと



くぅちゃん

ありがとう


100万回言っても足りないくらい

ほんとうに
ほんとうに

ありがとう

IMG_3212 - コピー

Posted on 2015/09/14 Mon. 12:06 [edit]

CM: --
TB: --

top △

2017-09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。